債務整理のメリットとデメリットを知っておく


おまとめローンにメリット・デメリットがあるように、債務整理にもメリット・デメリットがあります。
おまとめローンでまとめるか、債務整理で借金を清算するかはそれぞれの特徴を理解して、どちらにするかを選びましょう。
債務整理は借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きで、法律に基づいて整理する方法です。
債務整理には「任意整理」「自己破産」「特定調停」「個人再生」の4種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

「任意整理のメリットとデメリット」
任意整理のメリットは過払い金請求とほとんど同じですが、司法書士・弁護士に任意整理の依頼をすることですぐに督促が止まり、過払い金が発生していた場合は借金が減額になります。
任意整理のデメリットは、信用情報期間に任意整理をしたことが記載されるので5年程度は、新規の借入れやクレジットカードのカードの利用、ローンが組めなくなくなります。
またあくまでも任意の話し合いなので、和解に応じてもらえない場合もあります。

「自己破産のメリットとデメリット」
自己破産のメリットは裁判所に申し立てをし、破産決定がされると免責の決定によって、税金以外は借金がすべてなくなるという方法です。
デメリットになるのが個人信用情報機関に、5~10年間は自己破産の事実が載ってしまうので、新たな借入やローンが組めなくなります。
価値のある財産が有る場合、原則として20万円の価値があるものはすべて処分される場合もあります。

「特定調停のメリットとデメリット」
特定調停とは裁判を通じた任意整理で、債権者との交渉は弁護士や司法書士ではなく調停委員が交渉をすることになります。
任意整理とおなじく、過払い金があれば過払い金の請求もできます。
特有のメリットとして、弁護士や司法書士などに頼むお金がない場合でも、比較的簡単に和解に向かった話し合いができます。

デメリットとなるのは、裁判所はあくまで中立の立場なので、債務者の立場だけを考えて話し合いをしてくれるわけではありません。
またその決定(調停調書)は裁判での確定判決と同じ効力があります。
調停後に支払いを滞納すると、ただちに給与や財産などが差し押さえられる可能性があります。

「個人調停のメリットとデメリット」
個人調停は比較的新しい法律で、負債総額が5千万円以下の場合、負債の20%を3年で分割返済すると、残りの80%は免除になるというもので、自己破産と違って、財産を処分せずにすみます。
個人調停のデメリットは、
個人信用情報機関に、5~10年間個人再生があったことが記載されますので、その間は、新たな借入ができません。
また、手続きが複雑になるため債務整理の中でももっとも時間がかかることがデメリットになります。
おまとめローン審査のおすすめポイント|銀行ローンの選び方はこちら